大腸がんの初期症状を見極め検査を受けよう~シリアス展開回避し隊~

医療

日本人に多い病気

脳梗塞の発生を防ぐには

悩み

脳梗塞は、日本人の発症率が高いことで知られています。この病気は、脳へ血液を送る血管がつまることで生じます。血管がつまってしまうと、脳細胞に血液が流れなくなります。そのため、脳障害が起きたり、最悪の場合は死に至ります。 脳梗塞の発生を防ぐには、一過性脳虚血発作の段階で病院で診察を受けることが大事です。この一過性脳虚血発作とは、脳梗塞が発症する前に起きる体の異常のことです。たとえば、手足のしびれや、体の力が抜けるなどの発作が何度か繰り返されます。その他にも、顔の半分がゆがむ、ろれつ困難になる、片目だけが見えなくなるなどの症状が起きます。一過性脳虚血発作は、すぐに良くなるという特徴があります。ですが、安心し放置すると、後々脳梗塞の発作に教われることになります。なので、体に異常を感じたら、すぐに病院に行くことが大事です。

予防するための方法とは

脳梗塞は、脳動脈が狭くなって血管が詰まってしまう病気です。脳梗塞が起きると、体に障害が残る恐れもあります。なので、普段から脳梗塞の予防を心がける必要があります。日常生活で予防するためには、毎日の食事に気をつける必要があります。特に毎日の献立で魚を多く食べるように心がけると良いです。その理由は、魚にはエイコサペント酸という成分がたくさん入っているからです。この成分には、動脈硬化を予防して、血栓を防ぐ効果があるからです。なので、積極的に魚を食べることで、脳梗塞の予防になります。その他にも、血液サラサラ効果がある納豆もおすすめの食品です。 それと、肥満は脳梗塞の発症を助長します。なので、ウォーキングなど適度な運動を取り入れるのも予防には有効です。